ご近所トラブル

ご近所「トラブル」物語

 

ご近所「トラブル」物語

 

世界丸見え等のテレビ番組でもおなじみ、恐ろしいご近所トラブル!

 

誰もが抱えるご近所トラブルのリスクや体験談について紹介しているサイトです。

 

ご近所とのトラブル

これは我が家とお隣さんとのトラブルの話です。
我が家はチワワを飼っていて室内犬なので両隣への迷惑はほとんどかけていません。しかし、隣の家の犬は外で飼っているのですが鳴き声もすごいし敷地内には処理をされていない犬のフンが大量にあり匂いがものすごくするのです。
我が家と反対側の隣の住民の方もとても困っていて、この家の周辺のご近所さんたちはみんな困っていました。
ある時にご近所みんなで集まってこの家の住人のところに糞の処理だけでもしてくれないかと言いに行きました。しかし、家主は我が家でも犬を飼っている事を指摘してきて、我が家に関しては室内犬だからフンの処理はきちんとしているし近所に迷惑はかけていませんでした。
いくら私たちが言っても話を受け入れてもらえず、今もふんは片付けてくれていません。
しかも、私たちが言いに行ってからというもの我が家の前に犬のフンがあることが増えました。あまりに頻繁にふんがあることが増えたので、あるとき窓から見て見つけたのですが、ここのおたくの犬の散歩はリードではなく放し飼いで行くのですが、その時に我が家の前でフンをしていたのです。あまりに頭にきたので、さすがにこの時は直後に言いに行きました。
しかし、家主は出てきてはくれないし、犬はめちゃくちゃ吠えてくるので、怒りを冴えてきて帰宅しました。
それからはふんの嫌がらせはなくなりましたが、まだ隣の家からの犬のフンの異臭はなくなってはいませんし。近所トラブルは解決していません。
これからご近所さんでまた団結してどうにか解決するように動いていこうと話し合っているところです。

 

何年付き合っても、他人は他人。

30年以上かけて築き上げた、ご近所付き合いの事を書かしていただきます。
私は、40代半ばの男性です。私の家の隣には、両親と同じくらいの年齢の夫婦が住んでいました。しかし、その夫婦には子供がなく、私を実の子供のように育ててくれました。
例えば、子供の頃は自分の親族の家へ私を連れて行ったり、また、入学式や運動会そして、卒業式などにも顔を出すほどで、週末などは月に一回程度お泊りをするくらい仲の良い隣人関係でした。
 そんな関係は、私が30歳を迎えたときに一気に終わってしまいました。その原因は、古くなった自宅を建て替えるときに起こりました。
これまで、親戚以上の付き合いをしていた隣人夫婦が、突然我が家に不満を言ってきたのでした。その不満とは、家を建て替えるなら、「自分の家も一緒に建て直してほしい」と言ってきたのでした。
これにはさすがに驚きました。ある程度は建て替えに際して、お隣のことにも配慮し家の補修なども考えていました。また、境界などを明確にして、お互い気分よく建て替えるつもりでいたのですが、「自分の家も建て直してほしい」という訳のわからない注文に、一瞬頭がおかしくなったのだろうと思いました。
その後、仲に人を立て、詳しく話を聞いたのですが、どうしてこんな注文を出してきたのかを聞くと、「子供のころから世話をしたのだから、当然だ」ということを言っていました。
これには、我が家も、この話を聞いた近所の人々も呆れるほかありませんでした。だいいち、そんなことを言われても、他人の家まで建て直すほどの余裕は我が家にはありません。
隣人と一対一で話しても無理難題を言われるので、きっちりと弁護士を通して話してもらいました。そうすると、自分たちが、いかに理不尽なことを言っていたのかをすぐに理解したのでしょう。それ以降一切何も言わなくなりました。
そして当然、30年以上の付き合いは、その日を境に一切なくなりました。

 

 近所付き合いとは、親しくなればなるほど、トラブルが起こった時には問題が大きくなり修復が難しいものです。ですから「親しき仲にも礼儀あり」を心に留め置いて、近所付き合いするのが良いと思います。 本当に、いい経験になりました。

 

ちなみに隣人夫婦は数年前に他界し、現在その家は解体され更地になりました。

 

近所のおばあさんに絡まれました

近所に住むおばあさんは引っ越してきたばかりの主人と私にもにこにこと笑って挨拶をしてくれる、優しくていい方でした。

 

よく世間話をしたりしていましたし、良好な関係を築けていると思っていたのですが私が出産してからとても残念な関係になってしまったのです。

 

子供が生まれて間もなくの頃はおばあさんも大変可愛がってくださって、会う度に笑顔で子供に話しかけていました。
大きくなったら遊びにきてねなどと言っていて、私としては近くに祖母のような存在がいてありがたいなと思っていました。

 

しかし子供が人見知りをするようになってから、おばあさんは怒るようになってしまいました。
今までにこにこしていてくれたのに、話しかけてもそっぽを向かれるようになったのですから気分を悪くするのもわかります。

 

けれど会えば近寄ってきて、ママにべったりじゃだめよ。成長しなさい。なんで笑わないの。こっち向きなさいとぶつぶつ言われるのでだんだん怖くなって、主人に相談しました。

 

主人はなにかあってからでは困るからおばあさんを避けるようにと言ったので、私も同意しておばあさんを見かけたら逃げるようになりました。

 

あちらは最初は見かけたら近寄ってこようとしていましたが、こちらがそそくさと逃げるので今では諦めてくれています。
偶然見かけてもお互い見てみぬふりをしています。

 

出産するまでは仲良く過ごせていたのに挨拶すらしない、ギスギスした関係になってしまってとても残念に思っています。

子供の騒ぐ声がうるさいと怒鳴られています

我が家には育ち盛りの娘が二人おります。

 

また、ご近所にも同じくらいの年の女の子が3人と男の子が1人おります。

 

それぞれ学校、保育園がうちの娘と同じということもあり、仲がよく、いつも家の前の路地で遊んでいました。

 

それがこちらに引っ越してきて2年目となる去年から急に、近所にする年寄り世帯の家から突如「うるさいから公園に行って遊べ!」と怒鳴り声を浴びせられるようになったのです。

 

最初子供たちは萎縮し、それまでの遊びを辞めて小さくなったりしていました。

 

しかし、子供のことですから、しばらくするとまたみんなで騒いで遊び出します。

 

すると年寄りの怒鳴り声は一段と凄くなり出し、ついには罵声を浴びせてくるようになり、子供たちもその家の近くでは遊ばないようになりました。

 

そこまでは私だけでなく別の子供を持つ家の親御さんも我慢して見ていたのですが、それが去年の夏から、家のお風呂に子供が入って遊んでいると、その声もうるさいと言い出すようになり出しました。

 

お風呂の前まで来て、入浴している子供に「うるさいから窓を閉めて入れ!」と怒鳴るようになってきたのです。

 

近所で子供を持つお宅にその話をすると、そのお宅のお子さんにも同じことをしていると聞き、これはもう見過ごせないと思ったのです。

 

それでその家のご主人と相談して、もしまた入浴にまで難癖を付けて来たら、その家に行って怒鳴り返すことにしたのです。

 

次の日「うるさいなら、ドアを閉めて、家から出るなくそばばあ!」と隣のご主人が怒鳴り込みました。

 

しかし効き目は全くなく、今も子供たちは怒鳴られているようです。

 

こう着状態は今も続いています。

雪かきトラブル

我が家は集合住宅に住んでいて、その敷地内にある駐車場を借りています。
数年前の雪の日、自分の車の周りに雪が積もっていたので、雪かきをしていました。
雪かきを終え、周囲を見渡すと、我が家の車の周りだけ雪が無い状態になってしまっていました。
少し嫌な感じがしたし、お年寄りも多く住んでいる住宅なので、ついでだから、通路や他の車の周りも綺麗にしてあげようと思い、家族総出で雪かきをしていました。
こういった事が毎年あり、我が家では毎年、雪の日の恒例行事のようになっていました。
先日の雪の日の翌日、例年のように雪かきをしていると、集合住宅の管理人のおばあさんが出てきてくれて、「毎年ありがとうね。終わったら家においで。暖かくして待ってるから」と言われました。
「じゃあ、お言葉に甘えてお邪魔します」と言ったのですが、我が家の車から3つ隣の駐車場を契約している、口うるさいおじいさんに一連の行動を見られていました。
管理人さんが部屋に戻った後、雪かきをしていると、そのおじさんが歩いてくるなり「時給いくらもらってんだ?」とかなり上から目線で言ってきました。
「自主的に、ボランティアのつもりでやってるから一円ももらってない」と答えると、「嘘付け!雪かきしてるのに貰ってない訳ないだろ!管理費払ってないのか!」と大騒ぎし始めました。
何度説明しても全く話にならないので、管理人さんに出てきてもらい、説明して頂きました。
それでも納得がいかなかったようで、最終的に「俺の車傷付けるなよ!傷つけたら修理代請求するからな!」と、捨て台詞を吐いて帰って行ったので、管理人さんの指示通り、その車の周囲だけ雪を残しておきました。

隣家との土地境界画定をめぐるトラブル

隣の家が新築されたときのことです。

 

隣の家とは、元々仲が悪いわけではなく、顔を合わせれば挨拶もするし、時折世間話もする程度の関係で、どちらかと言えば仲は良かったと思います。その家が新築されると聞き、これでだいぶ隣の家も快適になるだろうと喜んでいたくらいですから。

 

しかしいざ建築が始まると、それまでの我が家との境界線よりも数センチ我が家寄りに家が建設されていることに気づきました。家が密集している地域なので、わずか数センチとはいえ、自分の家に隣家が近寄ってくるとかなりの圧迫感です。一体どういうことなのかわけもわからず、隣家の住人に事情説明を求めましたが、言を左右にするだけで全く要領を得ません。

 

工事ばかりが進んでしまうので、たまらず建築停止の仮処分を申請し、工事をストップさせた上で話し合いの場を持ちました。数回持たれた話し合いの場では、家の距離が近すぎるのは我が家の建て方が悪いからなどとわけのわからない話をヒステリックにわめき立てるだけで全く聞く耳を持たない様子でした。測量士に依頼し、境界画定をしようとしたのですが、測量士に罵詈雑言をあびせるなどして測量士を追い返してしまい、こちらも話が進みませんでした。

 

わずか数センチの土地を裁判で争ったところで訴訟費用ばかりがかさんでしまうため、結局打つ手無しの状態で建築が再開されてしまい、我が家の土地を浸食した形で家が建築されてしまいました。

 

当然のごとく、それ以降近所付き合いは一切ありません。交渉の時のあのヒステリックな姿勢を思い出すと、今でも何か恐ろしいことをされるのではないかという不安におそわれることがあります。悔しいですが、極力接触を避けて何事もないように生活していくしかないのが現状です。

 

 

引っ越してきたキャバ譲がうるさい!

 

前にレオパレスに住んでいたときのことです。

 

そこのレオパレスは学生が多かったことや、繁華街が近かったこともあり、夜に頻繁に出入する若者が多くすんでいました。

 

入居するまでは遠隔地だったので下見もせずに知らなかったのも悪いのですが。。

 

入居してから半年くらいたち、隣に若い女性が越してきました。

 

その女性が毎晩毎晩夜になるとうるさいのです。

 

電話のような話し声や、誰かを連れてきているような音、音楽、、その他色々。。

 

偶然廊下ですれ違ったときにドレスのようなものを着ていかにもキャバ譲だったのでそこで初めて合点がいきました。

 

まあ、私はそれほど騒音や生活音にはうるさくないタイプだったので、普通に仲良くなって特に問題はなかったのですが・・

 

反対側の住人はうるさかったと思いますよ。

 

その子が着ていたキャバ譲のドレスの話になって、どこで買ったのか聞いたら

 

キャバドレス通販おススメショップはここ!」というサイトから選んで買ったといっていました。

 

みなさんも引っ越す前には一回下見はしましょうね。

お隣さんの話し声が筒抜けでした。

私が賃貸マンションに住んでいた時の話です。
我が家は主人がサービス業の為、出勤時間や帰宅時間が毎日バラバラなんですね。
その為休みの日も日曜だからというわけではなかったので、平日でも昼前頃に起きてくるというのはごく当たり前の事でした。

 

そんな主人がお隣さんがうるさくて眠れないという事で、話を聞いてみると確かに。
私は子供と一緒に寝起きしていますので、あまり気にはならなかったんですが、お隣さんの家は50代くらいの奥さんが料理教室をされているようで、ちょうど我が家の寝室の隣がキッチンスペースみたいで、そこに来られる生徒さんと奥さんとの話し声がまる聞こえだったんですよね…。
でも時間としては非常識な時間でもなかったのでごく自然な事ではあると思うんですが主人にとっては気になって仕方なかったみたいなんです。
夕方からの出勤時は家では眠っておきたいという気持ちもわかるので、私はなるべく寝室には立ち入らなかったんですが、言われてよくよく聞いてみると確かにお隣さんの会話が全部筒抜けでした。
寝る時は静かでないと寝られない主人にとってはこれは無理だろうなというレベル。
かといってお隣さんに言いに行くにも昼間のむこうもお仕事でされている事だろうし、仕方のない事だろうと考え、主人には耳栓をしてもらって寝てもらうようにしました。
その後家を買う事になり今はそのマンションは出ましたが、当時は寝不足の主人がとてもかわいそうでした。
今は夜勤までゆっくり眠られる環境になって妻としても一安心です。

 

 

借金取りがきました

 

以前賃貸マンションに住んでいたときのことです。

 

私が引っ越してきたときに既に住んでいた2つ隣の住人の家に借金取りが押しかけるようになりました。

 

夕方の6時くらいになると、ほぼ毎日のようにドアをノックする音とイカツイ男の「○○さ〜〜〜〜ん」という声が聞こえてくるのです。

 

そんなことが半年続いたある日、あまりに気になるので大家に問い合わせてみると、

 

どうやらその住人はもう退去することが決まっているようで、原因はクレジットカードの債務が200万円ほど溜まってしまって払えなくなったそうです。

 

そのマンションの家賃もクレジットカード払いが出来たはずなので、もしかしたら高すぎる家賃も原因だったのかもしれません・・。

 

うちのマンションはアメリカンエキスプレスかVISAしか受け付けていないようで、

 

まあ高額の決済となると、アメックスのカードなんだろうなあとクレジットカードマニアの私は思いました。

 

私は7枚くらいカードを持っていますが、アメリカンエキスプレスだけは取得するのが大変だった記憶があります。

 

申し込むときは「アメックス研究所」というサイトで一生懸命調べた記憶があります。

 

ここのサイトの審査合格率予測ツールは使えますよ!

駐車場の車の屋根に隣家の瓦が落て!

私は家のとなりの空き地に 貸駐車場をしております。そのとなりには しばらくのあいだ空き家がありました。
その家の瓦が落ちて 駐車場の車を直撃し 車の屋根をキズつけてしまった事からはじまりました。
当初 その車の所有者と隣家の人との話し合いで解決するものとばかり思っていました。が、駐車場を貸し出している私にも責任があるのではないかと始まり 車の所有者と駐車場の隣家との話し合いの席には 同席させられました。
私は 思うには 100パーセント隣家の屋根の整備不良ではないかと 意見を通しました。しかし 知り合いの弁護士に相談すると このような事は 前例がなく 事例がないので 裁判になったら 少なからずの出費は覚悟するようにと言われました。
またあろう事か車が新車だったため キズは板金修理で直すのではなく 車の屋根を全部取り替えたいと言い出しました。金額は 板金修理の3倍になりました。すると瓦を落とした隣家から納得がいかないとの意見がでました。この部分は 車をどれくらい大切にしているかの個人差が大分あり 難しいところでした。
三者並行線のままでしたが 特に感情的になることもなく話し合えたのは 三者がご近所でこれからも顔を合わせたり何かと付き合わなければならないという心持ちがあったからだと思います。
結果、私は 半分開き直り 見舞い金として 5万円しかだせませんと言い それ以来話し合いにも出ませんでした。そしてその後 あとの二人で 車の屋根の総取り替えで話しがまとまり 私の金額を差し引き 後は折半という事になったそうです。

 

 

マンションのストーカーママ

ファミリータイプのマンションを購入しました。

 

住み始めて間も無く第一子を妊娠しました。

 

近くに総合病院があり、そこで出産することを決めていたので母親学級に通いました。
ご近所にお友達がいなかったのですが、同じくらいの予定日で同年代くらいのプレママと知り合うことができ喜んでいました。
4人くらいで仲良くなり、電話番号と住所を交換したのですが、その中の一人に同じマンションの人がいました。

 

お互い顔を認識してからというもの、検診で会う機会が多くなりました。
ある日午前検診の後の予定を聞かれ、特にないと言うと ランチしない?と誘われました。どこかお店でかな、と思ってOKしたのですが、彼女は私の家に行きたいというのです。突然で私も来客の準備をしていなかったので 少し片付けの時間がほしい、と言うと彼女は10分後にやって来ました。はやっ。。と思ったのですが。
彼女は遠慮なく上がりこみ、家中を見て回って、まるで物件の見学にでも来たようでした。
妊婦の私はおなかがペコペコですし、彼女もそのはず、適当に冷蔵庫にあるものでランチを作りました。
その間もずっと一緒にキッチンの中に居て。感覚としては学生時代からの友人のようですが知り合ってから今日でお会いするの2回目なんですけど。。
なんか変わってるな、と思っていました

 

それから出産までは良くお茶しない?と誘われました。私のこれまでの経歴、主人の年収、などなどいろいろと根掘り葉掘り聞かれました。
お互い出産してからは育児相談の名目で彼女は家族ぐるみでのお付き合いをしたがりましたが私は距離を置いていました。
そんな私の態度が伝わったのか、彼女はストーカーのような行為をとるようになりました。
気がつくと携帯の着信が沢山たまっていたり、今どこにいる?という内容のメールが何度もきたり、私の自転車のあるなしを調べているのも分かりました。
こどものオモチャを交換しよう、とかなんだかんだ変な口実で誘ってくるのでもう気持ちが悪くなり、何度も居留守を使いました。
1日に何度も玄関まで来てインターフォンを何度も鳴らされることもありました。

 

このままだと勝手に思い込み、逆恨みされる、怖い、と感じ、子供のことが心配になり、密かに引っ越しを計画しました。
引っ越し前に 正直に迷惑していること、引っ越すことを告げ、行き先は言いませんでした。彼女は呆然としていました。
その後、私は彼女と離れてとても快適に生活しています。
彼女は小学校の保護者の中でもおかしな人というレッテルを貼られているそうです。

 

 

「ご近所トラブル物語」の相互リンクさま その1

 

スズキ ハスラー 未使用車を3倍お得に買う方法!
ホンダN-BOXの未使用車を3倍お得に購入する方法
タント未使用車を3倍お得に賢く買う方法!